アンチエイジング化粧品を若い肌に使うメリットとデメリット



アンチエイジングに関心が集まり、若い世代の女性でもアンチエイジング化粧品を使っていたりします。

若い人がアンチエイジング化粧品を使っても、大丈夫なのでしょうか?


反対に、若いうちに日焼けをものすごくして、その後のケアをしていなかったために、まだ20代前半なのに肌がボロボロという女性もいます。

こういう人は、同年代の人と比べてシワが目立ったり、シミ予備軍が多かったりしますね。

肌年齢が、実年齢より相当高いはずです。

こういう肌の場合には、アンチエイジング用の化粧品を使って、将来の肌に対する肌体力をつけるために早めにケアをするのもいいでしょう。


しかし、若い普通の肌は、アンチエイジング用の化粧品を使わなくても、新陳代謝がいいので大丈夫なのです。

美白化粧品など、自分の年齢にあった化粧品で肌をケアするだけで十分です。


日焼けで肌を傷つけている場合には、乾燥が進んでいます。

美白だけでなく、保湿も充分に行ないましょう。


アンチエイジング化粧品を使用しないで、保湿・美白化粧品でケアする場合、ビタミンCを積極的に摂取することがおススメです。

食品からでも化粧品からでもいいです。

お金をかけないためには、美容専門の皮膚科でビタミンCを処方してもらうのも安上がりでおススメですね。



若いときからアンチエイジング化粧品を使ってしまうと、肌を若いうちから甘やかすことになります。

もちろん、先ほど説明したように、肌体力がつくというメリットはあります。

しかし、肌を甘やかしてしまうと、自分で再生する力が弱くなります。

しかも、アンチエイジング化粧品がなくなったら、すぐ老化が始まってしまう可能性もあります。


若いうちには、なるべくならアンチエイジング化粧品を使わない方法でケアすることをおススメします。
情報は⇒アンチエイジングブログランキング


アンチエイジングを若いときからしてもいいの?



アンチエイジングに関心が集まっています。

昔は「25歳はお肌の曲がり角」なんて言われていましたが、今では「お肌の曲がり角は10代後半」なんて言う人もいます。

若いうちから美容に鋭い関心を向けている方は、かなり多いと思います。
しかし、アンチエイジングに若いうちから興味持った場合、なにかと大変ですよね。

何かダメージのある肌ならともかく、10代だとまだトラブルもないでしょう。
高価なアンチエイジング用の化粧品を使っても、効果が現れない場合が多いかと思われます。


若い世代の方がアンチエイジングをしたいなら、アンチエイジング用の化粧品に頼らずに、普通のお手入れを入念に行なえばいいのです。


まずは、洗顔をしっかりしてください。
美肌の基本は洗顔です。

洗顔料をよく泡立て、その泡で顔を包み込むように洗います。
洗い過ぎに気をつけましょう。

すすぎは、ぬるま湯で泡が残らないように念入りにすすいでください。

顔を拭くときには、ゴシゴシこすってはいけません。
タオルを押さえつけるように、ソフトに拭きましょう。

洗顔の後は、化粧水をたっぷりつけてください。
乳液もつけて、保湿を怠らないようにします。

朝のスキンケアの時は、UV化粧品をつけ忘れないようにしてください。

規則的な生活を心がけることも大切です。
睡眠を充分にとりましょう。


まだ若いうちはアンチエイジングの高価な化粧品などに頼らず、『規則正しい生活』、『きちんとした洗顔』、『徹底したUVケア』で乗り切れます。
情報は⇒アンチエイジングブログランキング